称名寺 横浜市金沢区 横浜金沢観光協会


横浜金沢観光協会
横浜市金沢区:イベント情報
イベント情報
イベント年間カレンダー
横浜金沢おすすめコース
横濱金澤シティガイドおすすめコース
金沢八景・新金沢八景
横浜金沢七福神
横浜市金沢区:観光スポット
観光施設
博物館
歴史文化施設
寺社
公園
レジャー
温泉
その他
宿泊
グルメ
ショッピング
交通
横浜金沢へのアクセス
金沢区へのアクセス
横浜市金沢区の紹介
金沢区について
金沢区の歴史
金沢区の四季
横浜金沢観光協会
広報よこかな
観光協会会員一覧
関連リンク
お問い合わせ
トップページ > 観光スポット > 観光施設 > 寺社 > 称名寺

金沢山(きんたくさん) 称名寺 (真言律宗)

金沢北条氏一門の菩提寺。
鎌倉幕府の要人・北条実時が六浦荘金沢の屋敷内に建てた持仏堂から発展が起源とされます。
実時の孫・貞顕の時代には三重の塔を含む七堂伽藍を完備した大寺院として全盛期を迎えました。


朱塗りの赤門をくぐると桜並木の参道が続き、突き当りには仁王門。
鎌倉時代に造られた高さ4mの大きな仁王像が出迎えます。
仁王門横の通用門を入ると、阿字ヶ池を中心に中之島・反橋・平橋を配した「浄土庭園」が広がります。
浄土庭園の向こうには、
緑豊かな金沢三山(金沢山・稲荷山・日向山)を背に金堂・釈迦堂・鐘楼(称名晩鐘)があります。


春の桜、初夏の黄菖蒲、秋の紅葉と四季折々の景観が美しく訪れる人の憩いの場所となっています。
例年5月初めに境内で薪能が開演されます。

毎週土日の10時〜15時には、横濱金澤シティガイド協会による無料庭園ガイドを実施しています。(雨天中止)


本尊:弥勒菩薩(みろくぼさつ) (国指定重要文化財)
開山:審海上人(しんかいしょうにん)
開基:北条実時(ほうじょうさねとき) 
創建:13世紀中頃

住所 〒236-0015
神奈川県横浜市金沢区金沢町212
最寄駅 シーサイドライン「海の公園南口駅」又は
「海の公園柴口駅」より徒歩10分
京急線「金沢文庫駅」より徒歩12分

※駐車場はありません

横浜金沢観光協会 横浜金沢観光協会

〒236-0028 神奈川県横浜市金沢区
洲崎町1-18  
TEL:045-780-3431  FAX:045-349-7035

Copyright (C) yokohama-kanazawakanko.com. All Rights Reserved