慶珊寺 横浜市金沢区 横浜金沢観光協会


横浜金沢観光協会
横浜市金沢区:イベント情報
イベント情報
イベント年間カレンダー
横浜金沢おすすめコース
横濱金澤シティガイドおすすめコース
金沢八景・新金沢八景
横浜金沢七福神
横浜市金沢区:観光スポット
観光施設
博物館
歴史文化施設
寺社
公園
レジャー
温泉
その他
宿泊
グルメ
ショッピング
交通
横浜金沢へのアクセス
金沢区へのアクセス
横浜市金沢区の紹介
金沢区について
金沢区の歴史
金沢区の四季
横浜金沢観光協会
広報よこかな
観光協会会員一覧
関連リンク
お問い合わせ
トップページ > 観光スポット > 観光施設 > 寺社 > 慶珊寺

花翁山(かおうざん) 慶珊寺(けいさんじ) (真言宗御室派)


当時は伝栄上人により、不動院宝龍寺と号した古寺を受け継ぐかたちで、
明重が両親の菩提を弔うために建立、
山号の花翁は父の法名から、寺号の慶珊は母の法名からとられました。
また当寺は富岡八幡宮の別当寺でした。


当寺の著名なものとしては、
(1)十一面観音半跏座像(はんかざぞう)(県重要文化財:正慶元年(1332)院誉作)
(2)愛染明王坐像(江戸前期)
(3)阿弥陀如来立像(平安後期)
(4)大般若径600巻
(5)ヘボン博士が滞在時に掲示した門札等があります。


また富岡駅空襲(昭和20年6月10日)の犠牲者の供養塔が山門を入って右手に、
左手には元神奈川県知事長州一二の記念碑があります。


なお庭内に銀杏(樹齢180年)と黒松(樹齢270年)の名木古木があります。
また、開花の際は素晴らしい枝垂桜や牡丹もあります。


裏山の墓地には、
「豊嶋明重父子供養塔」(市登録文化財)と伝栄上人の宝篋印塔があります。

明重は寛永5年(1628)、江戸城中で老中の井上正就を刺殺して切腹、
嫡男吉継も切腹を命じられ豊嶋家は断絶。
この間の事情を小説にしたのが、柴田練三郎の「孤剣は折れず」です。

なお門前の右隣に、
岸信介元首相揮毫の「孫文上陸記念碑」が解説と共に建てられています。



本尊:大日如来(だいにちにょらい)
開山:伝栄上人(でんえいしょうにん)
創建:寛永元年(1624)
開基:豊嶋信満(としまのぶみつ)(明重(あきしげ))

住所 〒236-0051
神奈川県横浜市金沢区富岡東4-1-8
電話番号 045-772-3264
最寄駅 シーサイドライン「鳥浜駅」より徒歩14分
京急線「京急富岡駅」より徒歩14分

横浜金沢観光協会 横浜金沢観光協会

〒236-0028 神奈川県横浜市金沢区
洲崎町1-18  
TEL:045-780-3431  FAX:045-349-7035

Copyright (C) yokohama-kanazawakanko.com. All Rights Reserved